電子ギター『インスタコード』が届きました! ~ 開梱編 ~

音楽

1年以上前から製品化に向けて『クラウドファンディング』で購入者を募っていました

電子楽器『インスタコード』

あっという間に目標に達し、2021年9月に発売することになりました。

 

私もこのインスタコードを申し込んでいたので本当に届くのかドキドキしながら待っていました。

 

半導体部品調達の遅延からスケジュールがずれ込んで到着が少し遅くなっていた製品でしたが

9月17日、私の自宅にも無事届けられました。

 

インスタコードとは?

殆どの方は聞いたことが無いかと思いますが、この製品は開発者の ”ゆーいち” さんが一人で開発したギターの形状をした『電子楽器』になります。

 

『InstaChord:インスタコード』

ちょっとの練習でギターやピアノのようにコードを弾ける、全く新しい概念を持った電子楽器。

1コのボタンを押すだけで簡単にコードが弾けて、コード進行理論が身につく。

「誰でも、すぐに、演奏を楽しめる世界を実現したい。」という開発者の思いから製品化が進められていた。

 

 

インスタコード

インスタコードのHPはこちらから ↓

インスタコード/InstaChord – 誰でも弾ける新しい楽器

 

まずはこの動画から見て頂ければ、どのような商品かわかるかと思います。

 

開発者のゆーいちさんが「インスタコード」を使い多重録音で一人でボーカルから演奏までこなしています。

良さげでしょう?

 

FやBmのコードを抑えられなくてギターにめげた人などにとっては、ボタン1コで難しかったコードが簡単に弾けるのでこんな楽な楽器はありません。
そんな難しいコードでギターに挫折した人の夢が叶う製品じゃないでしょうか。

 

私も幾つかのインスタコードの動画を見て ”これは遊べる!” と思い、数か月前から「インスタコード」をイジリたい気持ちになっていました。

若い頃ギターをやっていたのでまあまあ初級クラスの曲はある程度できていた口ですが、いざ久しぶりにギターを弾いてみると、ギターの弦が硬くて指が痛くなったり、弾くと(消音対策しても)音がデカくて近所迷惑になったりでギターを弾くことから遠ざかっていました。

 

そんなところに「インスタコード発売!」の話です。

こりゃ
場所もとらず、
音量も調整でき、
ピックやカポも要らず、
電源を入れれば気軽に弾ける、
一番はコードを押さえても指先が痛くならない!
ってところに興味をそそられ、予約注文をしていたんです。

 

そのギターが届きました!

 

では見ていってみましょう。

 

インスタコード 到着!

立派な箱に入っていました。

 

開けると『インスタコード』が!

第一印象 ちっちゃ!

見たことが無い面白い形でしょう?

 

付属品は

・CタイプのUSBケーブル(充電+PC接続+ファームのアップデート用)

・ポジションシール(右利き用シールと左利き用のシール)

コードを押さえるボタンのポジションが右利き用と左利き用がありますので、9キーに貼り付けます。

この1から9までのボタンが有機ELモニターに表示されている「CからB♭」に割り付けられます。

※この一連のコード進行もボタンを切り替えることでコードセットのチェンジができる

有機ELディスプレイにはボタンに割り当てられたコードを表示しています。

(例:「C」なら1番ボタン、「Am」なら6番ボタンという具合)

 

ギターのお尻側には

・イヤホン端子

・電源・音量ダイヤル

・USBーC端子 が付いている

かなり持つバッテリーが内蔵されているらしいです。

(たしかに到着後、数日弾いてもバッテリー切れになることは無かった)

 

 

ギターとインスタコード 大きさ比較

娘用に「ハードオフ」で買ってあげたノーブランドのギターですが、娘はその後「YAMAHAギター」を購入したので私がお下がりを貰うことに。

そのギターでインスタコードの大きさをちょっと比較してみます。

 

ちっちゃ!

 

ちっちゃ!

横42cm × 縦21cm でした。

 

開発者のゆーいちさんが気軽に持ち運べるようにバッグに入る大きさを意識して製作されたようです。

たしかにリュックに簡単に入りそうな大きさでした。

 

次回はコード(ボタン)の押さえ方、パッドを引きやすくするための小技などの『実践編』を紹介してみようと思っています。

 

<つづく>

コメント

タイトルとURLをコピーしました